食事から鉄分を摂って欲しいけど好き嫌いが多くて・・・
鉄分サプリメントで簡単補給!粒が小さいので子供でも飲みやすい♪
公式サイトは以下の画像をクリック


子供に起こるむずむず脚症候群とは?

むずむず足症候群の子供

 

 

子供も発症する『むずむず脚症候群』ですが、大人のそれとはどのように異なるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

 

まず大きな特徴としては子供の場合、遺伝の要因が強い可能性があります。

 

他の病気と間違えられやすいという特徴があります。特に落ち着きがない子供と評判になった場合は要注意です。

 

 

子供がかかる『むずむず脚症候群』の症状として、

 

「集中力を維持できない」
「じっとすることができない」

 

などの事例が確認されています。

 

 

この症状はADHD(発達障害のひとつ)の症状と似ているだけでなく、小学校に入学する前に発見されることが多いという対象年齢も近い共通点があります。

 

このことからADHD(注意欠陥多動性障害)と誤認されることもあります。

 

ただし、むずむず脚症候群の症状はADHDの症状と非常によく似ていますのでADHDの可能性も視野にいれたほうが良いでしょう。

 

6歳になるお子さんが寝る前に歩き回って、なかなか寝ようとしないという事例もあるように、非常に間違えられやすいと思います。

 

 

また、専門家ですらもその区別が容易ではありません。

 

大人と違って、子供は伝達手段が未熟ですので、ご両親はただ叱るのではなく、その原因を注意深く観察する必要があります。

 

この『むずむず脚症候群』は薬で治療することも可能です。
お子様の症状の度合いにもよりますが、薬による治療も視野に入れてみるのもいいでしょう。
後ほど治療方法なども詳しくご紹介させていただきます。

 

大人と違って、子供にはより正確なヒアリングが必要となりますので、この病気の特性をきちんと把握しておいてください。